--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.04.14(Tue)
新記録。

娘さん、初の40.0℃記録しましたー!!
あー、びっくりした。

病院に行って、検査。インフルエンザではなかった。
突発性発疹がまだなので、その可能性大。
しかし、熱が下がっても発疹は出ず。
その晩、汗疹らしくブツがうっすら出たが、次の日にはキレイに。
突発だったのか、単なる風邪&汗疹だったのかは謎のまま・・・。
とりあえず、元気になったので、何より。
スポンサーサイト
2008.10.27(Mon)
2日前から、どうも咳が出ています。
昨夜は寝入ると咳が出て泣きながら起きるの繰り返し。
こうなると、赤さんも母もかなりしんどい。

熱は37.6度まで上がったけど、まぁ微熱。
今朝は37.4度。咳は日中はだいぶ落ち着いてる。
でも、寝ると咳が出るのよね。

そして、どうも食欲がなさそう。
昨日の晩御飯、ほとんど食べず。
今朝もバナナを口に入れたらベーっと出された。

そして、終始おっぱいのサインを出しまくる。
これはかなりしんどいぞ。

とりあえず土日は様子を見てたけど、
また今晩も寝れないのはかわいそうやし、病院行くかな。
咳止めだけでも欲しい。

あ、ついでにインフルエンザの予防接種の予約してこよう。
2008.06.24(Tue)
6/16の夜から片っぽの乳首が痛いです。
普通にしてたら平気やけど、触ると激痛。
とても授乳ができる状態ではないです。

仕方なく、片っぽのみで授乳。足りてるんかな?
で、痛いほうは搾乳してます。

じぃーっと見てみても、傷とかなさそうで、
何でこんなに痛いのかわからん。どうしたらいいの!?

と悩んでみても仕方ないので、次の日産院の母乳外来へ。
乳首が痛いと訴えるも、
「何ともなってないねぇ。飲ませる体勢とか変えて様子見てー」
だってさ。おぃおぃ。めっちゃ痛くて体勢変えても
とても授乳なんてできませんて。

そして、何ともなってないと言われたけど、
明らかに左のが腫れてる!!
これは他の病院に行ったほうがいいのか・・・。

ちなみにうちの赤さんは乳頭保護器、断固拒否!!
搾乳した母乳もやっぱり断固拒否!!
お腹空いてギャン泣きしても飲みませんでした・・・。

1日様子を見てみるも、どう見ても悪化していってるので、
次の日、はじめて桶谷式治療手技(乳房マッサージ)を受けました。

マッサージ代が5000円。はい、児童手当使い込み決定。
しかも、次は明日とか。まぁ治れば安いものです。きっと。

マッサージのほうは、見るなり「乳腺炎おこしてるね。痛いでしょ」と言われ、
最初からココに来てたらこんなに悪化させずに済んだのかと後悔・・・。
いつ発熱してもおかしくないから、葛根湯を飲めと言われました。

で、このマッサージが思いきりよく痛かった。拷問。時間よ早く過ぎろ!って感じ。
炎症起こしてない方はぜんぜん痛くなかったけど、こっちも固くなってきてるらしい。

マッサージ終わっても詰まりは取りきれず、とにかく吸わせてと。
で、その場で授乳を試みるも、固くなってしまった乳首を赤さんは断固拒否!!
がーん。本物の乳首ですわよ!?!?ちきしょー!!!

あと、食事も気をつけるようにって。やっぱりねー。
油もの・甘いもの・乳製品・フルーツもNG。
もう、何を食べたらいいのかわかりません!寿司はいい?

んで、炎症がおさまるまでお風呂もシャワーも禁止。
身体拭くだけにしなさいって・・・もう、病人て感じ。

そんなことを旦那くんに報告したら、「保険きかないの?」だってさー。
きかねーよ!!!
2008.05.01(Thu)
4/22の朝、首筋に赤い湿疹。
機嫌いいし、食欲あるし、熱もないので、あせも?と思ってました。

夜、お風呂に入れようと服を脱がせると、
朝着替えたときにはなかった湿疹が5つくらい。
なんだろう?とネットで検索してみて、
あせもの写真とそっくりだったので、そのまま様子見。

今朝、湿疹のひとつが水をもっていました。
まさか、みずぼうそう??と思ったけど、
水を持つタイプのあせももあるとネットで見て、
やっぱりあせもかなー?と思いつつ、一応皮膚科へ。


そしたら・・・・みずぼうそうでした!!!!

みずぼうそうの潜伏期間は1~2週間だそうで、
どこでウイルスもらったんだか、わかりません。

特徴は、強いかゆみのある発疹が出ること。
熱は高く出ることも、全く出ないこともありますが、まず赤い米粒大の発疹が1つ2つあらわれることから始まり、半日から翌日までに全身にあらわれ、早く出た発疹からしだいにプチプチと水を持った水疱へと変化し、その後1~2日で膿疱(うみのような白っぽい濁った液を持つ発疹)へ変わります。
赤い発疹は虫刺されにも似ているので、水疱ができて初めて病気に気づくケースも。
 発疹は胸や背中、おなかなどにバラバラと出始めますが、しだいに顔、手足、手のひらや足の裏、口の中、髪の毛の中、陰部にまで広がっていきます。発疹はかゆみが強いため、かなり機嫌が悪くなります。
 3~4日たつと、水疱は乾いて黒いかさぶたになり、かゆみもおさまっていきます。かさぶたが取れると皮膚の色素が多少抜けたようなあとが残りますが、成長するに従ってだんだんと目立たなくなります。
 感染から症状が出るまでの潜伏期間は約2週間。うつりやすいのは発疹の出る1~2日前から、発疹がかさぶたになるまでの間です。

と、いうわけで1週間の外出禁止。
水疱瘡との闘いがはじまりました。
2008.03.29(Sat)
3/21
赤さんの三種混合3回目、無事に終了。
2、3日前から突然白目をむくことがあって、気になっていたけど、
タイミングを逃し、先生に相談できなかったorz

帰りに耳鼻科に寄って、赤さんの耳掃除&自分の咳止めもらう。
耳掃除は半年に1回くらい行くとイイようです。
なんじゃこりゃ!?!?ってくらいゴッソリとれます。
むしろ、あたしの耳も掃除して欲しいくらいです。

耳掃除だけのために耳鼻科に行くの気が引けるけど、
「耳が痒いみたいで、頻繁にこするんです」とか言えばOK。

咳止めのほうは、授乳中ってちゃんと伝えて、漢方にしてもろたよ。

しかし、赤さん、耳掃除だけのはずが、なぜか風邪診断を下された。
んで、シロップの薬もろた。まだ離乳食してへんし、果汁すら飲ませてないのに・・・。
お薬デビューなんですよ!!

とりあえず、夜の授乳後にスポイトで口の中へ入れてみた。
うん。見事にベッと出しました。
無理矢理口を閉じてなんとかゴックン。

5分後・・・・寝返って、ヒコウキして、飲んだもの吐く・・・・。
いや、いつものことやけどさー。
これって、薬も吐いてるよなー。

ま。しゃーない。風邪くらい、ほっといても治ると信じよう。
それよりも、白目がやっぱり気になるわー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。